ネパールトレッキング Mardi Himal(Katmandu-Pokhara) ②

2019年12月27日

最近3回のネパールトレッキングはエベレスト方面へ向かっていたので拠点となるLuklaへはカトマンズからのフライトでしたが、今回向かうMardi Himalはアンナプルナ方面で拠点となる街ポカラから車で向かいます。
今回のネパールの旅2日目はそのポカラへの移動のみ、と言うゆったりとした行程となります。
前回ポカラへ行ったのは今回の旅の友Kimiちゃんとの出会う機会を作ってくれたRieちゃんと一緒アンナプルナBC(通称ABC)へトレッキングに行った2008年以来なので11年ぶりです。

先ずは3年ぶりのカトマンズの国内線。
近年ではLukla行のフライトは安全策をとって遅延や欠航となることが殆どなので早朝空港に向かうも何時間もこの何もない空港内で滞在することが多かったのですが、この日は天気も良く、また安全面にも問題のないポカラへのフライトなのでスムーズでした。
とは言ってもフライトタイムの10:50に搭乗、離陸は11:30。
まあ、上出来ですね。
IMGP3666.jpg
Buddha Airにて。
Kimiちゃんにとっては初めてのLukla以外の目的地への国内線。
Lukla行と同じでプロペラ機ではありますが、ちゃんと座席が指定されていて両サイド2列シートとなっていることに驚いていた姿を見て、新鮮な気持ちになりました。
IMGP3668.jpg
ポカラへは30分弱のフライトなのであっという間なのですが、近づくとプロペラの先に白いヒマラヤが間近に見え出迎えてくれ気分が高まりました。
IMGP3674.jpg
IMGP3671.jpg
初めて家族と訪れた1996年にはまだ舗装されおらず広いグラウンド状態だったポカラの空港も国際空港となる計画が進んでいるようです。
管制塔は昔と変わらず小振りで可愛らしく、
IMGP3676.jpg
温暖で回りの植物を見てもブーゲンビリアが咲いているなど南国のリゾート感たっぷりの小さな空港です。

お迎えに来てくださっていたドライバーさんの運転で宿泊予定のホテルへと向かいました。
過去数回訪問した際よりも湖の北側エリアで、今は多くのホテルやレストランなどが立ち並ぶ便利なエリアにあるLandmarkホテルに宿泊しました。
IMGP3677.jpg
IMGP3679.jpg
IMGP3727.jpg
こちらは翌朝の写真ですが、晴れると部屋からはマチャプチャレ、アンナプルナ山群のポカラ周辺のメジャーなヒマラヤが眺められます。

到着時はまだチェックイン前時間だったので荷物を預かってもらっている間に、カトマンズからRajendraさんに予約していただいたネパール料理レストラン、Banjanへランチに出かけました。
IMGP3678.jpg
ポカラの象徴的なペワ湖のレイクサイドにあり、リゾート感たっぷりのレストランで、この辺りの雰囲気は11年前のポカラとは違ったものでした。
そして、いただいたのはモモとネパール定食のダルバートセット。
IMG_1322.jpg
IMG_1326.jpg
久々のネパール料理に満足!

ランチ後はせっかくなのでレイクサイド散歩、としたかったのですが、残念ながら壁や建物に阻まれ、このエリアでは簡単に湖の風景を楽しめる場所がありませんでした。この日は午後は曇りとにわか雨だったので、湖とヒマラヤの風景には出会えそうになかったので、まあ良しとして、新しいアンナプルナ方面のトレッキングマップを探しながらショッピングを楽しみました。

夕方、この日カトマンズからバスで移動して到着したKarmaさんともう一人のシェルパさんがトレッキング用の荷物を入れるバッグとシュラフを持ってホテルにやってきてくれました。
そして、今回初めてお世話になるもう一人のシェルパさんは、Karmaさんの弟さんということでした。
今回のコースはKarmaさんはまだ行ったことがなかった様で、同じくトレッキングの仕事をしていてこのコースも既に経験済みの弟さんのDawaさんに同行をお願いしたとのことでした。
これまでもたくさんの素敵なシェルパさんとの出会いがありましたが、今回はよりアットホーム感があって楽しみになってきました。

夕食はホテルのビュッフェをいただきましたが、今回のLandmarkホテルのように宿泊客だけでない外食客のレストランにもなっている施設の多くは、テラス形式になっている所が多く、ホテルのレストランなのに屋外と同様なので、夕食はダウンを着ながらでないと寒いのです。
この時はなんてことだ!と思っていましたが、トレッキング後に戻ったカトマンズでも同様な所が多く、昔とはかなり様子が違って近代化した街の様子を見てついつい日本での常識を当てはめてしまいがちですが、改めてお国事情は様々で、勝手に自分の常識で物事を考えてはいけないと反省しました。

2019年12月28日

トレッキング出発の日の朝、Kimiちゃんにとって初めてのポカラでもありますし、せっかくなのでペワ湖とヒマラヤの象徴的な景色を是非見てもらいたいというのもあり、過去の経験上晴れていればその景色を確実に眺めることができる場所を目指しました。
前回ABCトレッキングの際にはリクエストしてそこに宿泊したFishtail lodgeで、古くからリゾートホテルとして営業されています。
IMGP3717.jpg
宿泊していたホテルからはそこそこ距離があり、歩いて20分程度かかりました。
IMGP3721.jpg
湖の半島にありこの人力筏で渡って入るのでもユニークなホテルですが、到着した朝6:30はまだ人の往来がない為筏の運転士さんに手を振ると手漕ぎボートで迎えに来てくださりました。
宿泊客でもないのですが、ありがたく対岸に渡らせていただきお庭からペワ湖に映る朝焼けのヒマラヤを楽しませていただきました。
IMGP3704.jpg
左側の白い山はこの後毎日堪能することになるアンナプルナサウス。
右側の三角の山はネパール語で「魚の尻尾」という意味のマチャプチャレ。
IMGP3714.jpg
ポカラからは三角形ですが、左側から角度を変えて見ると魚の尻尾に見えるとっても格好のいい山です。
この時はわかっていませんでしたが、Maldi Himalは地図で確認するとこのマチャプチャレのすぐ横、多分この左側の小さな瘤のようなマチャプチャレの一部に見える山で、今回はそのベースキャンプ付近まで行ったのだろうと思います。

朝焼けを堪能後、急いでホテルに戻り朝食をいただき、トレッキングに不要な荷物はホテルに預けて9:00に迎えに来てもらった車でいよいよトレッキングに出発です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント